競馬、競艇、パチンコ!ギャンブルで稼ぐ方法

ロト6には隠れた規則性要因があった

ロト6当せんノウハウ!

高額当せん者も知らない当せん方法がある・・・

たった1秒で、
当せん数字を見つけ出す秘密の方法とは!?



⇒その他の当せん画像はこちら




ロト6には隠れた規則性要因があった!?


1~43の数字が記載された「抽せんボール」は、
A~Jまでの10セットあります。

つまり、 全部で43個 ×10セット=430個あります。

毎週の抽選時に、
どのセットの「抽せんボール」を使用するかを決めています。


決めるのは、
「全国自治宝くじ事務協議会事務局長代理」か
「第一東京弁護士会所属弁護士」 です。


なぜ、「抽せんボール」は、
Aの1セット43個だけではなく、
A~Jまでの10セット430個もあると思いますか?


予備ではないですよ。

もうおわかりですね。


そうです。

1つのセットだけでは、
数字の出現性に「かたより」が出るからです。


ここだけの話ですが、
「特定の数字の『出目がかたよる』ことを防ぐために、 毎週セットを交換しています。」
と、
●●●(注記)協議会の担当者も認めています。


なんということでしょう! 
これは、大変重要な事実で

詳しくはこちら




















【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ